MNSの取り組み

◎新型コロナウイルスへの感染対策  その①

私たち運送業は、ドライバーの健康面などの確認として、出庫時と帰庫時に点呼を行っております。

コロナ以前は対面にてドライバーの健康面や、呼気アルコールの有無、睡眠時間などの確認を

行っておりましたが、このコロナ禍で、今までの対面点呼を行ってしまうと、濃厚接触の危険があり、

多くのドライバーに感染させてしまう可能性があるため、まず、点呼の方法を変更いたしました。

以前は、事務所内にて対面でおこなっていた点呼を、入口の扉を利用し、窓越しにて点呼を実施する

ようにいたしました。


        


 

もちろん点呼前に、「マスク着用」、「手指のアルコール消毒」、「靴裏の消毒」も必須です。



 

基本的には、コロナに感染しない・させないを実施していますが、万が⼀、

感染者が出てしまった場合を想定し、社内クラスターを絶対に起こさない為に、

できる限りの対策を実施しております。